主な取扱商品

機械保険

機械保険とは、工場、事務所、ビル、倉庫などの事業場で稼働している機械、機械設備および装置が偶発的な事故(火災等を除く)によって被った損害を補償する保険です。

保険の対象は小型モーターから各種機械、設備、装置、大規模なプラントまでを含みます。

想定される事故例

  • クレーンが横転し、壊れてしまった。
  • ベルトコンベアのモーターが焼き付いてしまった。

動産総合保険

動産総合保険は、事業用の什(じゅう)器・備品、機械、器具、商品などの動産を対象とした総合保険です。
運送中や使用中の破損や盗難など、偶然な事故による損害を補償します。

火災・落雷による損害だけでなく、盗難、商品の荷崩れによる破損や漏水による損害、または運送中の破損など、幅広い損害に備えることができます。

想定される事故例

  • 工事現場で発電機が盗まれてしまった。
  • 岩石がパワーショベルのキャビンに落下し、壊れてしまった。

賠償責任保険

請負業者賠償責任保険は、「請負業務の遂行」、「請負業務を行うために所有、使用または管理している施設」が原因となり、他人にケガをさせたり(対人事故)、他人の物を壊したり(対物事故)したために、被保険者(保険の補償を受ける方)が法律上の賠償責任を負担された場合に被る損害を補償する保険です。
日本国内において、保険期間中に発生した事故が対象です。

想定される事故例

  • 建設現場でクレーンから資材が落ちて、通行中の自動車に損害を与えてしまった。
  • 工事現場で使用していたパワーショベルで誤って隣家の外壁を破壊してしまった。

傷害保険

傷害保険とは、国内外でおきた*日常生活中(スポーツ中、旅行中など)や就業中の事故によるケガを補償する保険のことです。

*「弁護士費用等保険金」「法律相談費用保険金」は、日本国内の事故が対象となります。

想定される事故例

  • 工事現場で重機オペレーターがケガをしてしまった。
  • 従業員が通勤中に事故に遭いケガをしてしまった。

自動車保険

自動車保険とは、自家用・営業用、乗用・貨物用、四輪車・三輪車・二輪車(原動機付自転車を含む)などの区分に関わらず、ブルドーザー、クレーン車、トラクターなどのA種工作車や放送車、消防車などの特種用途自動車も含めて、車の所有者や運転者等がご契約のお車の所有、使用、管理に起因して生じる損害などを補償する保険です。

想定される事故例

  • 交通事故にあった。

火災保険

火災保険とは、火災や自然災害によって建物や建物の中にある家財などが損害を受けた場合に補償する保険のことです。
火災保険は落雷や台風や竜巻による強風、雹(ひょう)、豪雪などのさまざまな自然災害も、補償の対象になっています。
個人向け火災保険では、現在住んでいる自宅や団地、マンションが火災になったときの建物や家財の損害を補償します。一方、企業向け火災保険では会社の事業用として使っている店舗や事務所、倉庫などの損害を補償します。

想定される事故例

  • 隣家が火災になり、自宅にも延焼してしまった。

生命保険

生命保険は、人の生死を保険事由とする保険を取り扱います。

保険期間中に死亡したとき,または満期まで生存したとき,一定の保険金が補償されます。

想定される事故例

  • 工事中のアクシデントで死亡してしまった。

その他

その他、多種多様な保険を取り扱っております。

上記に記載のない場合でも取り扱っている場合もありますので、ご気軽にご相談ください。

導入実績

  • 全国のクレーンリース業者各社
  • 全国の基礎工事業者各社(既成杭、現場打ち杭ほか)
  • 全国の土木工事業者各社
  • 全国の港湾工事業者各社
  • 全国の砕石業者各社(山砕石、リサイクル)
  • 建設機械リース・レンタル業者各社
  • 中古建設機械売買業者各社
  • 大手建設機械メーカー各社
  • 総合リース会社各社

引受保険会社

お客さまへ

このホームページは概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ず各社商品パンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社にお問合せください。

 

(2019年8月承認) B19-101694